竜宮ホテル新着情報 お得な情報やイベント情報などお届けします!

12月14日は『吉良上野介義央公の日』

1702(元禄2)年12月14日に赤穂浪士の討ち入りによって、吉良上野介義央公はこの世を去りました。
その命日である12月14日には【吉良家の菩提寺華蔵寺】にて「毎歳忌(まいさいき)法要」が行われ、たくさんの参拝客が訪れます。
(当ホテルから華蔵寺までお車で約15分程度です)
普段は非公開ですが、この日だけは公開されます。
御影堂には吉良義央公(上野介)の木像(県指定文化財)が、義安像、義定像と並んで祀られています。
義央公50歳の姿を刻んだものといわれ、自ら彩色を施したと伝えられているそうです。
また、吉良家ゆかりの文化財を多く所蔵しています。
華蔵寺は、山号を片岡山(へんこうざん)といい、吉良上野介義央公の曾祖父である吉良義定が旗本として吉良家を再興した際に、父義安の菩提を弔うために慶長5年(1600)に創建した臨済宗寺院だそうです。
1年に1度しか見られないこの機会に、ぜひ立ち寄りをおススメします!

特に吉良上野介義央公ファンの方は必見ですよ!

kezouji-1-600x400 kezouji-2-600x400 kezouji-3-600x400

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©RYUGU HOTEL Co., Ltd.